アンテナの種類

アンテナには、八木式アンテナとデザインアンテナがあります。八木式アンテナは昔から屋根に取り付けられていたアナログアンテナと同じ形のアンテナです。電波をとらえやすく、一般的に普及している八木式アンテナですが、自分で取り付ける際にはデメリットがあります。落下する危険性がありますし、施工が不十分だと、台風などの災害で倒れたり、飛ばされたりする危険性もあります。他の家や人に危害を与えてしまうと、賠償問題に発展しかねないので、知識があまりない方は無理に自分で設置せずに、業者に依頼しましょう。

デザインアンテナは、家の外壁やベランダに取り付けることができる平面で長方形のシンプルなデザインで、家の外観を損ねたくないという方に人気があるタイプです。素人では難しい電波の取り方も、設置業者は簡単に取ることができるので、デザインアンテナを設置する際にも設置業者に依頼すると安心です。送信局が遠い地域の場合、八木式アンテナは電波の受信が問題なくできますが、デザインアンテナは受信がしづらくなってしまうというデメリットがあります。そのため、設置業者に電波調査を依頼して、アンテナの設置方法を相談してみることがおすすめです。