ケーブルから乗り換え

利用料が発生するケーブルテレビから、無料で視聴できる地デジ放送に乗り換える方が増えています。ケーブルテレビのチャンネルをほとんど見ていないという方は、地デジ放送に移行することで、毎月かかっていた視聴料を無料にできるメリットがあります。地デジ放送はアナログに比べて、受信しやすいというメリットがあります。

地域の電波状況が悪く、仕方なくケーブルテレビと契約しているというお宅でも、設置業者に依頼して実際に電波状況チェックをしてもらうと、受信できたということもありますので、業者に相談してみることがおすすめです。受信状況の悪い地域でも、設置業者に相談して、その地域に適したアンテナを選ぶことで、受信できることもあるようです。

ケーブルテレビから地デジ放送に乗り換えるときには、ケーブルテレビアンテナの取り外し、解約と同時に地デジアンテナの設置、移行を行わなければ、しばらくの間テレビが見られなくなってしまいます。解約と同時に移行を行うには、素人では難しいこともあり、地デジアンテナの設置業者に依頼することがおすすめです。設置業者に依頼して、日時調整をしっかり行うことで、移行を円滑に行うことができるでしょう。無駄な出費を抑えたいというお宅は、地デジ放送への乗換えを検討してみることをおすすめします。

 


アンテナの種類

アンテナには、八木式アンテナとデザインアンテナがあります。八木式アンテナは昔から屋根に取り付けられていたアナログアンテナと同じ形のアンテナです。電波をとらえやすく、一般的に普及している八木式アンテナですが、自分で取り付ける際にはデメリットがあります。落下する危険性がありますし、施工が不十分だと、台風などの災害で倒れたり、飛ばされたりする危険性もあります。他の家や人に危害を与えてしまうと、賠償問題に発展しかねないので、知識があまりない方は無理に自分で設置せずに、業者に依頼しましょう。

デザインアンテナは、家の外壁やベランダに取り付けることができる平面で長方形のシンプルなデザインで、家の外観を損ねたくないという方に人気があるタイプです。素人では難しい電波の取り方も、設置業者は簡単に取ることができるので、デザインアンテナを設置する際にも設置業者に依頼すると安心です。送信局が遠い地域の場合、八木式アンテナは電波の受信が問題なくできますが、デザインアンテナは受信がしづらくなってしまうというデメリットがあります。そのため、設置業者に電波調査を依頼して、アンテナの設置方法を相談してみることがおすすめです。


地デジアンテナの設置

当サイトでは、地デジアンテナ設置を業者に依頼するメリットについて紹介しています。テレビの視聴には、地デジアンテナの設置が必要になります。そのため、費用節約のために自分で取り付けをする方もいるようですが、さまざまなデメリットも多いため、業者に依頼することがおすすめです。

地デジ放送は、電波をアンテナで受信して視聴が可能になるため、アンテナを設置するだけですぐにテレビが見られるというわけではなく、電波調査をおこなってから対応するアンテナを設置する必要があります。まず、アンテナを購入する前に、住んでいる場所が送信塔に近い強電界地域なのか、遠い弱電界地域なのかを調べます。その上で、周波数帯域に対応しているアンテナを購入する必要があります。間違ったアンテナを購入してしまうと、無駄な時間と費用がかかってしまうことにもなります。設置業者に依頼すると電界強度を正確に測定してくれるので、アンテナ選びで失敗することはないでしょう。

高い建物などの障害物がある地域は、受信状態の悪さから、きれいな画質で視聴できないこともあります。受信状況の悪い地域のお宅は、設置実績と知識の豊富な設置業者に、専用機器で受信状態のチェックをしてもらい設置することで、テレビの受信環境も良くなるでしょう。また、チャンネルによって違う電波のレベルのチェックなど、様々な受信状態のチェックをしてくれますので、快適にテレビを視聴するなら、初めから設置業者に依頼することがおすすめです。